布切れで遊ぶ

小学生が(中学年から高学年)が楽しめるアートを紹介します。いるもの:ダンボールと布ひも切れ(布ひも切れは余ったものや着なくなった衣類などを切って作ってOK)やり方:(1)ダンボールは適当な大きさに長方形に切る。ここでは25cmx15cmに切り取っています。(2)ダンボールの上と下を1cmの間を開けながら切り込みを入れていく。ここでは2cmの程度の切込みを入れています。上と下の切込みは上下対象になるよ...

手作り粘土

(我が家の末っ子が今夢中の小麦粉粘土です。)我が家の末っ子の娘(2歳11か月)が今すごく夢中の小麦粉粘土です。小麦粉で作る過程から始めるので、そこからこねるところまでずっと楽しんでいます。材料:小麦粉、塩、お水、レモン、色(好みで使わなくてもよい)、油作り方:小麦粉1.5カップに塩1/4カップを大きなボウルに入れる。別の小さな耐熱ボウルに水3/4カップを入れ、それから大さじ3杯の水を取り出し、その代...

マシュマロとつまようじで

(次男がマシュマロとつまようじで作った作品)ミニマシュマロとつまようじを使って、アメリカでよく見るアクティビティです。マシュマロを小麦粉粘土に変えてもできますが、マシュマロの方が断然軽いです。いるもの:たくさんのミニマシュマロたくさんのつまようじ最初は何も参考にせず、まずはOpen Exploration(自由に楽しむ)で口を出さず見守ります。楽しみ切った後で、後日興味のある建物などの写真や本などを見ながら作ると...

コーヒーフィルターアート

アメリカでよく見かける子供たちのアートの1つに「コーヒーフィルター」を使ったアートがある。用意するもの:水性マーカー、水の入った小さな容器、(絵の具用の)筆、コーヒーフィルターやり方:コーヒーフィルターの上に水性マーカーで模様を描く。その後に筆を水に付けて、少しずつコーヒーフィルターの上を水で塗っていく。にじみ絵の様になるんだけれども、障子紙と同じ役割をします。あとは上の写真にあるとおり、色画用紙...

秋の宝物でアート

ある暖かい秋の午後、次男(5)と長女(2)と外の木陰でアートを楽しみました。午前中の森のハイキングで拾ったどんぐり、葉っぱ、小枝などを使って子どもたちは思い思いに自分の作品を作りました。しばらくして学校から帰ってきた長男(8)も「なに、なに?なにやってるの?」と興味津々の様子でした。長男:「なにしてるの?」次男:「みてよ、◯◯(次男の名前)がつくったんだよ」長男:「おー、◯◯はとてもクリエイティブね。...