次男のマイナーと学校

(ギアを嚙み合わせ、自分の頭の中で想像する仕組みをマスキングテープの力とモーター玩具を使いながら表現。ここではコップを移動させる機械を創造中の次男です。説明書に従って作ったり自己流だったりいろいろな次男です。)8月中旬から次男が長男と共にアメリカの公立小学校にお世話になっています。「私のクラスの全員が●●(←長男)君だったらと思います」と過去の先生たちに言われ続けてきた優等生の長男とは異なり、通って2...

私の失敗

先日学校に行く前に市民図書館から借りた図鑑を見ていた次男がじっと見ていたページが上の写真のページでした。その後、次男:「お母さん、地下からアレ持ってきてもいい?」私:「アレ?アレって何?」次男:「アレだよ、コンピューターの中に入っているやつ。いーい?お母さん。」というので許可すると、地下からコンピューターのマザーボードを持ってきて図鑑とじっと見比べている次男。その時に私が撮った写真が上の写真なんで...

次男の学力向上?

(2月のミシシッピ川です。)思い起こすこと昨年の8月中旬、次男が人生で初めて学校に通い始めました。入学3週間後に行われたMAPテストの結果は英語も算数も担任の先生が落胆するような成績。その後11月初旬に行われた先生と私との二者面談では、次男のテスト結果と他の生徒達との成績を比較された棒グラフを見せられ、重苦しい雰囲気の中何とか担任の先生が次男に「できない生徒」のレッテルを貼らないよう、次男の「できた...

次男に学ぶ

(先日次男が油、塩、フードカラー、水を使ってマグマを作る実験をしていました。お酢に重曹とは違いボコボコとシャボンがゆっくり破裂するような反応が内側で起こります。その後はそれを凍らせてどうなるかの実験もしていました。油と水は分裂し、凍った油を指でなでながら楽しんでいた次男でした。「うぉー!」とか「見て見て!」など興奮止まらずでした。)先日20度近くの春の気温に心躍らせたばかりなのですが、5日後の昨日...

学校登校前のひと時

今朝6時に起きた次男が学校に行くまでに鼻歌歌いながら書いていた絵。2階のベッドルームから起きてきてすぐにアートシェルフからマーカー、ペン、鉛筆、色鉛筆の入った瓶を集めてヒーターの近くに座って黙々と描いていました。子供たちそれぞれの絵はその子の持ち味があります。この絵には意味があるそうで、その意味を読み解く宿題を次男に頂きました。レジオエミリア教育についての書籍を見ると、3歳~6歳の子供たちがその素...