ポケモンプロジェクト

P1080013.jpg
(2月のある日の夕焼け)


アメリカ公立小学校に通う長男ですが、以前にも書いた通り、冬休みはポケモン三昧でした。
本人の希望で家でダラダラと過ごしていました。


息子たちの通う公立小学校では今ポケモンがブームのようで、長男のクラスではポケモンカードのトレードが許され、次男のクラスは許されていない為朝学校の扉が開くまでの待ち時間に友達とトレードしているようです。


さて、2週間ほどの冬休みが1月上旬に終わってからも、長男(9歳)は週末を使いポケモンプロジェクトを少しずつ進めています。


冬休みにやっていたことは:

♪NETFLIXでポケモンを見る
♪マイポケモンを描く/マイポケモンカードを作る
♪ゴルフボールで色々なポケボールをペイントする
♪ピクセルモン(マインクラフトのポケモンバージョン)
♪実際にポケモンになって兄弟で戦う
♪ポケモンカードをグループで並べる 
♪ポケモン関係の本を読む     
♪Youtubeのチャンネルを作る 等


Youtubeの息子達専用のアカウントを長男に頼まれ私が開け、2人でクリップの載せ方などを試行錯誤し、載せるクリップは長男自身がコンテンツを考えたり、兄弟で作品を作ったりしています。


元々、長男の「Youtubeで本当にお金が稼げるのか実験してみたい気持ち」+「自分の持っているポケモンを紹介したい」という2つが合わさりポケモンプロジェクトからYoutubeに派生しました。


始めはYoutubeで自分のポケモンカードを紹介するだけのシンプルなもの、自分の大好きなフットボールのビデオゲームで技を披露したもの、を投稿しました。


レゴが大好きな次男(7歳)も自分のオリジナルのレゴ作品の作り方を説明したものを載せました。


Youtubeのクリップ作りに慣れると、長男はレゴをコンピューターで操作する(レゴロボティックス)クリップも作りました。


そして、最近好んで作っていたのが「ストップモーションムービー」です。


次男がNETFLIXのレゴアニメが好きなのですが、そのような感じでレゴ人形たちを使い自分たちでストーリを作り、場面をアレンジし、ストップモーションプログラムを使いレゴムービーを作りました。


これはYoutubeには載せていませんが、レゴ以外にも自分たち出演でストップモーションムービーを作ったりもしました。フットボールの技を釣り竿でボールをつらして妹(3歳)の力も借りながら3人で作った作品もいくつかありました。


このポケモンプロジェクトはずっと長男が興味のあることを追ってやってきましたが、とにかく彼のアイデアの豊富さやアイデアを実現させるための意欲には脱帽します。いや、きっと彼だけではなく子供は皆こういうものなのですよね。夢中になると突き進みます。
学校に毎日通いながら、外で遊ぶ時間も多く、週末の隙間時間を使って。


ある日長女がPINGUを見ていると、長男が「あー、これも粘土を使ったストップモーションムービーだ!」と叫び声をあげ、モノを見る視点も少しずつ変わってきました。


自分で創るということはこういうことなんですね。


長男も色々と挑戦する中でたくさんのことを学んでいます。
たとえば、ストップモーションムービーを何分作るのにどれだけの写真がいるのかとか、プログラムの使い方を説明を解読したり、自分のアイデアを形にしていく為に学校では学べないことを家で学んでいるようです。


これから暖かくなり日本にも行くので、外でのプロジェクトが多くなると思いますが、この冬はポケモンプロジェクトを通して色々と学ぶことが出来ました。


こどもって本当に色々なところからアイデアを拾ってくるものですね。





Comments

Private comment