私の葛藤

P1080041.jpg
(20℃に達した2月のミシシッピ川。川の近くは雪が残っていてやはり寒かったです。)

旦那さんも2日間の大学院の授業から帰宅し(他州でホテル泊)、私はお茶を飲みながらゆっくりとこれを書いています。
息子2人は近くのソファーで本を読んでいます。次男は本を読むのが得意ではないですが、本は好きなのでチャプターブックを少しずつ読んでいる様子というか読み解いています。図鑑大好きな息子はきりんについての本を読みながら、時折面白い情報を私にシェアしてくれます。


学校のある日も息子2人は好んで朝から本を読んでいます。
でも週末は時間を気にせずゆっくりと本を楽しめます。
でも、隣では本を読み終わった次男が家の中を走り始めました(*´Д`)


先日息子2人をホームスクーリングに戻すかどうか考えているという記事を書きました。


ホームスクーリング用のカリキュラムはリーディング、ライティング、算数、理科、社会などパッケージとして出回っているものもたくさんありますが、教科別々に売られてもいます。


我が家の場合、長男は算数とライティングを別に購入して、理科と社会はプロジェクトベースで本人の気の向くままに学んでもらおうと考えています。長男は算数が好きなのでそれを伸ばすこと、ライティングは苦手意識があるので学校とは別の方からアプローチしてもらう予定で特定のカリキュラムを決めています。リーディングは今考えているところです。


次男の場合は算数は長男と同じカリキュラムを使い、リーディングとライティングはこれまた適当なものを探しているところです。
理科と社会は長男と共にプロジェクトベースで学んでもらう予定ですが、長男と同じプロジェクトか別々のプロジェクトをするかはその時の次男の興味次第です。


このように書いていると、私としてはホームスクールライフが楽しみでワクワクしてきます。
長男や次男それぞれに合わせてカリキュラムを組み、それぞれの学びたいことをそれぞれのスピードで学べる。
昼食をしっかりと食べる時間もあるし、外で思い切り体を動かす時間もできる。


しかし、息子2人をホームスクーリングするとなると私の時間は無くなります。
私自身は子供達と始終一緒にいることが嫌なわけではないのです。どちらかというと、子供達を学校に送り自分の自由な時間を満喫したい派でもなく、子供達が学校に行かない日は一緒に楽しめることを探したり一緒に遊んだりするのが好きなタイプです。


(でも、子供たちが幼い頃は旦那さん不在のウィークデーが家事と育児で大変で、子供達が学校に行きだすと子供たちのいるウィークエンドが大変になりますよね。子供たちが幼い頃はウィークエンドの旦那さんの手がとても有難く、子供達が学校に通いだすとウィークエンドに旦那さんや子供たちがいて面倒という感覚にシフトしていくという母親の気持ちが最近理解できるようになりました。)


ただ、3人ホームスクールをするとフルタイムの仕事と同じなので、収入を得る仕事を家庭内ですることもできなくなり、ましてや家事をする時間も削られます。


どちらかというと、外に出て人と交流するタイプの仕事が好きで、近い将来就職できるように色々と計画を練っていましたが、それにも遅れがでます。


旦那さんにもしものことがあったら、自分が家庭を支えていかなければいけないという気持ち、そしてその為に早く基盤を作っておかなければという葛藤もあります。


このような色々な思いを抱えながら、息子たちのホームスクールを考えている状況です。

Comments

Private comment