ジンジャーブレッドを楽しむ

P1070546.jpg
(長男が妹のためにジンジャーブレッドハウスを飾り付けています)


我が家ではクリスマスと言えば「ジンジャーブレッドハウス」ですが、今年もクリスマス直前にジンジャーブレッドハウスを作りました。

作ったジンジャーブレッドハウスは、クリスマスランチの後にデザートとして皆で食べます(*`艸´)

子どもにとっては、材料を混ぜるのも、生地をこねるのも、型抜きも、組み立ても、食べるところまで全部楽しめます。

「どういう風にデコレーションしようかな~♪」

「どこから食べようかな~♪」

食べるときには「ヘンゼルとグレーテル」状態(* ´艸`)クスクス


今回は午前10時から材料を混ぜ始め、こねて、外で1時間半程遊んで昼食をとった後に(生地を冷蔵庫で冷やしている間)、テンプレートを使ってジンジャーブレッドハウスの型抜きをし、すべて焼き終わった頃には夕食を作る時間になりました。
飾り付けは夕食が終わり、お風呂を済ませて、寝る前2時間でクリスマスミュージックを聴きながらゆっくりと楽しみました。

今回は昨年と違うレシピを参考にジンジャーブレッドハウスを焼いたのですが、勿論失敗したこともたくさんありました。

「あーーーーーっ!!!!!ジンジャーブレッドハウスに一番必要なグラウンドジンジャー(ショウガの粉)を買い忘れた~~~!!!」という私のありえない失敗(笑)

ショックを隠し切れない母親を目の前に長男が、

「お母さん。じゃあさ、代わりに普通のジンジャー(生ショウガ)入れたら?あるでしょ?」と一言。

生ショウガを入れたジンジャーブレッドハウスのレシピなんて見たことも聞いたことも無い。
今日失敗したら、作り直す暇がない。。。どうしよう。。。と3分悩んだ結果、

車で10分のところにあるスーパーに買いに行くのも面倒だし、生ショウガを入れてみたらどうなるだろうという怖いもの見たさの思いもあり、結局生ショウガを絞り汁にして今回は入れてみました。

結果は、大成功。

かなりおいしいジンジャーブレッドの生地が出来上がりました。

来年は生ショウガのすりおろしを入れてみようかと検討中♪

結局、次男の分と長女の分を2軒ジンジャーブレッドハウスを作り、次男の分はクリスマスランチの後に義父母も一緒に家族7人で食べました。みんなが「おいしいね~」「どこを食べようかなぁ~」なんて楽しんでいる雰囲気を見て、作った次男も誇らしげでした。もちろん、長女も長女を手伝った長男も。

長男も次男も材料を混ぜて生地を煉るとこまで、途中で投げ出すことなく(粘土のように)楽しみながら作ることができました。この過程が一番楽しくないし時間がかかると私自身思っていたので息子たちの集中力に驚きました。

少しずつ子供達自身でできるところが多くなってきたので、こんな丸一日の大掛かりなクッキングも母親の私は楽になってきました。

今回使ったレシピはコチラ
Vegetable Shorteningの代わりにバターを、Ground Gingerのかわりにしょうがのしぼり汁を50cc程使いました。レシピは一軒分です。
ジンジャーブレッドハウスのテンプレートはコチラ
印刷して、ハサミで切って、そのままジンジャーブレッドの生地を伸ばしてその上から、切ったテンプレートを置き、ディナーナイフや果物ナイフで形を切り抜きました。

クリームチーズ(粉砂糖を混ぜ)接着し、あとは比較的健康的な材料を使ってデコレーションしました。
アーモンド、チョコチップ、ミント飴、着色料なしのオーガニックグミ、ミニマシュマロなどを使いました。

残った生地は↓こうやってクッキーに。クリームチーズを絞り、目や髪、模様など色々とデコレーションしました。

P1070521.jpg

Comments

Private comment