親としての難しさ

P1060062.jpg

私たちにとって自分の在り方を改めるということはとても難しいことである。

私たちは子どもが修正が必要な、時に問題となる存在であると考えることをやめなければならない。

私たちは自らが大人であるという理由から、自らの答えや考えがいつも正しいものであるという考え方を改めなければならない。

自らが強くいなければ子供たちがそれを逆手にとってわがままな行動に走るという心配をやめなければならない。

私たちは子どもとの間に問題が起こると自分の親という立場を利用し顔をしかめ子どもを言い負かす心配をする必要もない。

代わりにお互いのニーズを尊重する解決策を探すことに力を合わせることができる。

こうやって私たちは子どもたちに親の犠牲になったり敵になったりしなくてもよいと教える。

私たちは今、将来彼らを待ち受ける複雑な社会を視野に入れ、彼らが私たちの手のうちにいる間に目の前に立ちはだかる問題を自ら解決するすべを共に学び考え与えているのである。


How To Talk So Kids Will Listen & Listen So Kids Will Talk / Adele Faber&Elaine Mazlish より

Comments

Private comment