子供のクリエイティビティ(創造性)と成長の為の肥沃な環境についての10の秘訣(前編)

(大事にしていたクワガタがその命の終わりの時を迎えていました。寝るときも一日中一緒でした。)最近子供たちのプロジェクトの為にリサーチしていると、「MIT」という言葉によくぶつかります。MITというのは皆さんご存知のMassachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ工科大)です。こちらのメディアラボのMitchel Resnickさんという方の記事に非常に納得したのでこちらでシェアさせて頂きます。私自身知らず知らず...

マインドフルネスを学ぶ

(今週の月曜日コロンバスデーで学校がお休みだったので、子供達3人を連れリンゴ狩りに行ってきました。)最近気温がぐっと下がってきました。息子たちの学校や旦那さんの会社でも風邪が流行っているようで、冬の到来を身近に感じ始めています。今はまだ学校から帰宅してもいつものようにバックを放り投げ、外で暗くなるまで遊んでいる息子達(+最近長女も)ですが、冬になると外に出る時間が少しずつですが減ってきます。(勿論...

周りと違うということ

学校に時々海苔を巻いたおにぎりをお弁当にもっていかせていたのですが、先日次男が突然「僕のお弁当におにぎりを入れないで」と言い出しました。長男は今までそのようなことを一言も言ったことがなかったので、驚きました。驚いたとはいえど、先輩の日本人ママ達にアメリカの学校で「子供達のお弁当に海苔を入れるとからかわれる」と言うことを聞いていたので、あぁやっぱり来たか…という感じでした。長男の場合はそう言ってきた...

日米スイミングレッスンの違い

長男と次男はこの秋スイミングレッスンを受けています。アメリカは日本とは違い、バスケット、アメフト、レスリング、サッカーなどのスポーツは2,3か月期間のシーズン限定で毎年参加可能です。日本は学校内外で、一度入ると辞めるまではずっと続けますよね。色々なスポーツを期間限定で試してみて自分が続けたいと思ったものを見つけられるので、私は、このアメリカの制度は良いなと思っています。大体晩夏から秋はアメフトやサ...

我思ふ

教えなければ、学ばせなければ、と大人が思った時点で、目の前の子どもの自発的な学びや大きな可能性は失なわれる。大人が一歩下がった時こそ、目の前の子どもは自らの可能性を花開かせる。子どもの輝きは大人の余計な固定観念や欲に押さえつけなければ、そのまま輝かしく幸せな未来へと繋がっていく。最近つくづくそう思う。この子達は何をしに、この世に生まれてきたのだろうか。...